ダイエット中に気をつけたいのは中華と和風外食

外食の対象を整理していくと、最大の敵は中華料理と日本料理化されたカレーなどの元・外国料理である。

いわゆる街の中華料理店に入ると、本場の中国料理では麺類や飯物に入る麺料理やチャーハンなどが、単品料理で出てくる。これに副菜として餃子やシュウマイ、春巻などの点心類がでる。しかし、これは本場の中国料理でかなり異例なことだ。

香港や広州などの大都市に行くと、中国料理店ではなく、広東、上海、湖南、四川といった中国各地の料理店が並んでいる。単独の麺専門店や粥専門店もあるが、多くの現地人はそれに青菜の野菜炒めなどの野菜料理を加え、肉や魚介類の入った麺料理を注文して食のバランスを取っている。

一方、日本のいわゆる中華料理店では、日本人対応のため、麺類に餃子やシュウマイなどの点心類を加え、更に定食と称してこれにご飯を加えたりしている。こうなると糖質摂取のトリプルパンチである。

また、野菜料理や魚介料理を注文しようと思っても、八宝菜やエビチリなどでんぶん質のとろみを白飯の上にかけたダブル糖質料理や、砂糖をいっぱい効かせた甘辛い料理が多い、これらは全て糖質制限食の敵となる。

東京などでは街で外食、特に昼食を摂るとなると、こうした中華料理店が実に多い。私もかつては安くて旨いこれらの店によく入ったが、当初3週間で脅威的な体重減を果たした後、打ち合せで昼、東京都心へ出て行くと、こうした中華料理しかなく、後は、ハンバーガーやピザなどのファースト・フード店ばかりである。まさに荒涼たる「フードデザート」(食の砂漠)だとその時痛感した。

結局、お腹が空いて仕方なくなったので、そのうちの一軒に入ったのだが、壁に貼られたメニューを見て愕然とした。中華料理のメニューでは糖質制限を厳しくしようと思うと、食べるものが全くないのである。仕方無く手元のメニューを眺めながら、しばらく思案した。そして、塩味の五目麺を頼み、麺の上に秉っでいる野菜炒めとチャーシュー、半分に切った玉子を食べ、スープを飲んで、麺をそのまま残し、すぐさま店を出てしまった。かなり変な客だと思われたことだろう。

ある時はチャーシュー麺を頼み、上のチャーシューを食べて、スープを飲んで店を出たこともある。こうした「挑戦」を積み重ねていくうちに、だんだん度胸がついてくる。

店に入って、例え麺を殆んど残しても、体験としては中華料理を久々に食べたような気になる。それだけでも、中華料理の糖質制限の場合、よしとしなければならない。私のような中華好きの人間にとって、これはかなりの試練であった。その後、新橋に日本初の糖質制限中国料理店が誕生し、中国料理を食べたい時はそこに出かけるようになった。

日本化した外国料理で、もうひとつ悩まされたのがカレーだった。日本のカレーは、豆を中心とした野菜やチキンを各種のスパイスを組み合せて煮込んだインドのカレーとは全く異なる。糖質の極めて高い小安粉を炒めて作ったカレールウにジャガイモ、ニンジン、タマネギなどまた糖質が高い根菜類を加えて煮込み、それを大盛りの白飯の上にかけてご飯を大量に食べる「日本料理」だ。インドでは、ナンをカレーにつけて食べるが、日本におけるカレーはお皿山盛りのご飯にカレーをかける。こうして二杯、三杯とご飯を大量に食べるのである。これに衣をつけたカツを乗せてカツカレーにしたりすると、カレー、白飯、カツの衣という「糖質三重奏」になる。

糖質制限開始後は、この悪しき食習慣を辞め、カレー味を食べたいときは、野菜炒めにカレー・パウダーやクミンを使ったり、糸コンニャクを焼きそば風に炒めた料理の味付けに遣うなど工夫をこらしている。

どうしてもカレーを食べたい時は、牛肉タップリのレトルトカレーを温めて、冷たい絹ごし豆腐を崩しか上にかけて食べている。なかなか美味しかったが、糖質の少ないレトルトカレーを売っているコンビニなどが意外に少ないので、あくまでも一時しのぎのメニューに留めている。

このように、糖質の極めて高い麺類や点心類、それに本場ではシメにあたるチャーハンなどのご飯物をいきなり最初から食べる「日本風中華料理」や「カレーショップ」は、糖質制限食にまだ慣れないうちは「君子危うきに近寄らず」、無理して近づかないようにすることである。

また、最近では牛丼、カツ丼、親子丼、天丼などの丼物のチェーンも増えている。これらも、糖質の高いご飯の上に、辛いおかずを乗せ、ほぼ同時に食べるシステムだ。最近では、ご飯部分を豆腐にして、上にレタスを敷き、牛丼の具を乗せてくれる「すき屋」の「牛丼ライト」といったメニューも出ているが、どうしても丼物を食べたい場合は、最初にサイドオーダーで野菜サラダや冷奴を頼み、みそ汁を飲んでから、具だけ食べ、ご飯はそのまま残すようにする。こうした非常手段で対抗するしかない。しかし、正直言って、あまり美味しいものではなく、実際にこうした食べ方ダイエットを実践してみて、美味しくないから丼物を食べることはもう止めると考える方が得策だ。

糖質制限食を成功させるには、まず、従来の食習慣に別れを告げることが大切である。「過去」を振り返っても仕方がない。アレが食べられない、コレも食べられないとマイナスに考えるのではなく、まだこれも食べられる、こんなものまで食べられると徹底したポジティブシンンキングで臨むことである。

そして何より、急激にスリムになって、健康になることの恩恵を最大限に享受することだろう。

少なくとも糖質制限食を始めた最初の3週間は、急激な減量というこの食事法の第一のメリットを実現するために、以前自分か好きで大食いしてきたメニューや食事などは、無視するのが一番だ。食生活から言えば、そういう慣習こそが太る原因となってきたのだから、それを蒸し返すことはない。

また、「食べたいものを食べる」、そういった「食の欲望」も、この際、少し知的に抑制しておくことが重要なのだ。

とにかく最初の3週間は、ダイエットの具体的な結果を出すまで集中して頑張ること。

すると糖質制限食の場合、激しい運動などをして痩せる体重の5~6倍、人によっては10倍以上、一気に痩せられる。この結果が現実に出てくると「エッ、こんなに痩せられるのか」と驚くが、この結果が出るまではあれも食べたい、これも食べたいと余計なことばかりも考える。そんな時は、ごくごくシンプルに考え「今回ばかりはとにかく食べない」と自分自身の心の中で宣言することである。

職場の同僚らの前で、「私は糖質制限食ダイエットを始めました」と堂々と宣言し、あえて自分を実践に追い込んでいったという強者もいる。現在の職場では、健康管理にも理解があり、皆の前で宣言すると、逆に周囲が協力してくれるようになる。そして成果が出ると職場の話題となり、共に糖質制限を行なう仲間も増えてくる。何を食べようか、外食先であれこれ悩むより、食べられるものを美味しく満腹にいただいて、スリムになり、いち早く健康になることだ。

糖質制限は健康的になりスグに結果がでるオススメのダイエット法であるが、ゆっくり無理なく痩せたいという人もいると思う。そのような人は少し糖質制限を取り入れつつ、 https://xn--b9j6am4i5379a.net/ のようなゆっくり確実に痩せるダイエット法がいいのではないであろうか。

とにかく、糖質のとりすぎには十分気をつけたほうがいい。